2016年夏休みのペンションりんごじゃむ、前編

標高1000mの斑尾高原、ペンションりんごじゃむの周りは、ススキが満開になって秋の始まりとなっていましたが、2016年の忙しかった夏休みを思い出しながらのブログ、全編の始まり、はじまり!(^^)!です。

 

8月の始めに来られたYさんご家族は、『インターネットでミニ四駆が出来て宿泊が出来る所を検索したところ、ペンションりんごじゃむを見つけた。』とのことで、ご家族でミニ四駆ⓒを楽しむためにりんごじゃむに来られました。

2016夏Yさん家族.jpg

コースが痛むとか割れるなどの事があるので、お客様も楽しみながら、私と一緒にコースを作ることが出来るのは、りんごじゃむだけです。

2016夏Yさん兄弟.jpg

幼児の女の子が、『車が好き!』は!そこそこ居ますが、ドライバーやニッパ、カッターを使い熟して、ピット作業をする子は初めてです。お兄ちゃんに負けるとさらに頑張っちゃうミニ四駆幼女!!2016年夏休みの始めに参上なのでありました。

 

今年の新BBQ場を作るきっかけとなったのが、Sさん家族と、お仲間の5家族20名のBBQパーティー希望でした。

延べ1か月を掛けて作っていたBBQ場は、雨が溜まらない様にワイアーを張って、完璧に完成しました。

2016夏BBQ場2制作.jpg

いよいよ、Sさんグループ、20名のBBQパーティー開始です。

2016夏オープンBBQ場-1.jpg

Sさんグループが、楽しくBBQが出来て、さらに一体感を感じて頂ければと思い、こんな長がぁ〜いBBQ場になりました。

『めでたし・めでたし!(^^)!』

 

一方、既存のBBQ場は、もちろん健在です。8〜10名のBBQパーティーが今年も盛んに行われました。

2016夏孫集合BBQ.jpg

全編おわり、後篇につづく!(^^)!

予告!!昼間から?????・・・・

2016夏最後のRC飛行会雨.jpg

 

 


祝う!!ペンションりんごじゃむ、グループ様用バーベキュー場完成

延べ20日の施工日数を要した、ペンションりんごじゃむ、グループ様用バーベキュー場が完成して、7月30日JMCラジコン飛行機クラブの皆さんに、杮落(コケラオトシ)のBBQを納めていただきました。

新BBQ場-1.jpg

カンパァ〜イ !(^^)! ありがとうございます。

およそ1カ月前から、手摺の錆び取のサンダー掛けから初め。

新BBQ場-8.jpg

2個の手摺の塗装だけでも1日掛かり、最初は途中で止めようか!とも思いつつ、不安定な梅雨のため数日係で手摺を塗装。

次に、屋根のテントを受けるプラグの穴あけに3日間!!。

新BBQ−6.jpg

打ちにくい姿勢に加え、寸法間違いと、振動ドリルのチャックの調子が悪く、直ぐに緩む状態に苦労しました。

椅子、テーブルの刻み、塗装は下地から仕上げまでは4回塗りで、述べ7日掛けました。

新BBQ場-6.jpg

テントの受け、桁になる部分を単管足場を加工して組み上げて。

新BBQ-5.jpg

テント張りまで行くのに3日間!!

新BBQ場-4.jpg

BBQ当日の5時ごろまで作業が続きましたが、6時30分には、BBQ開始に間に合いました。

新BBQ場-3.jpg

プロに負けたくないので手間のかかる作業を丁寧にやったお蔭で、自己満足ですが綺麗にできました。「良く頑張った。」!(^^)!

 

 


ペンションりんごじゃむでは、来斑のサイクリストに向けて、サイクルスタンドを設置しました。

制作開始から10日、梅雨のさなかで雨や曇りの日が多く時間ばかりが経ってしまいましたサイクルスタンドが本日、7月23日完成しました。!(^^)!

サイクルスタンド-1.jpg

昨年のスチール製は、持ち運びが重く、組み立てに時間が掛かるために今年は木製で、シンプルなデザインとなりました。

×4の材料に、同じく2×4用の金物で誰にでもできる様に改善したのであります。

費用は、材料と金物にペンキを入れても、約¥8400円程度で完成します。

塗装をしなければ¥6000円ほどでできますので、サイクリストの方や、サイクリスト大歓迎のお店とお宿の方などが参考にして頂ければ幸いです。

サイクルスタンド-4.jpg

先ずは、刻み用の墨入れです。

サイクルスタンド-5.jpg

そして、塗装作業、防腐処理の材料を購入しましたが、屋外に置くので、さらに防腐塗料1回塗りに、水性光沢塗料を2〜3回塗りました。

サイクルスタンド-3.jpg

足になる部分の組み立てです。金物が国産では無いので、2×4用なのに少し小さい?『輸入品は、こんなもんです。』

サイクルスタンド-2.jpg

最後に、ペンションのエントランス前の、芝生の上で組み立てて、完成でした。

これで、9月3日・4日開催の『第7回信越自然郷 五高原ロングライドサイクリング』の参加者にも提供することが出来ます。

『めでたし、めでたし (^^)v


7月2日・3日は日本ラジコン安全協会主催・ドローン安全講習会が開催されました。

今回のラジコンインストラクター認定試験とドローン安全講習の誘致のために昨年より、斑尾高原ホテルとペンションりんごじゃむが共同で、ラジコン電波安全協会様にお願いに行きまして実現しました。

さて、2日の初日は、ラジコン飛行機、ヘリ、グライダーのインストラクター認定試験でしたが、参加者が0名であったので、残念ながら中止となりました。

そして翌3日は、今話題のマルチコプター(ドローン)の安全講習会が(一財)日本ラジコン電波安全協会の主催で開催されました。

RCKドローン講習会-1.jpg

午前中は、無人航空機全体の安全と電波法・航空法の講義の他、ドローンの事故の原因を含めた回避と是正のための技術指導などで、私はRC歴が40年以上となりますが、初心者の方々が聞いていたら相当事故を減らすことが出来る講義に、今日の講習内容を伝えて行こうと思いました。

そして、終了間際には筆記試験となりまして、参加14名全員90点以上で学科講習合格(これで、来年からの学科認定試験は免除となります)

さて、午後からは梅雨の影響で、実技講習がスキー場内のレストランハイジ内で行うこととなり、

RCKドローン講習会-3.jpg

講師の模擬指導につづき、決められた飛行方法でコースとパターン飛行の組み合わせで審査されるこの実技には11名が挑戦します。

参加者の中には、仕事でドローンを撮影に使っているにも関わらず、緊張のため思う様に操作できない様で、苦戦していました。

RCKドローン講習会-4.jpg

さて、その結果は、実技合格者1名!!「残念!でした。」10名不合格。

基本、主催者側としては、『難しくすることで自己の技量と資質の向上を図って、来年の認定試験に挑戦してもらいたい』という趣旨がありますので、相当厳しい実技講習となっています。

また、総評としては、『ドローンの中に人が乗っていることを想定して、滑らかに操作して欲しい』とのことです。

 

私は、このドローンは近い将来、自動車に変わる乗り物として、道路の必要が無く空中を目的地まで行く事が出来て、現在の飛行機の様に事故の確率が低く、リビングに居る様な居住性のままの安全な乗り物になると確信しています。!(^^)!

 


6月26日(日)男のマロン?JRTMS・RCタンクミーティング開催される。

発足以来、今年で15年目を迎えるこのJRTMS(日本ラジオコントロールタンク模型協会)春のミィーテイングを斑尾高原スキー場内のレストランチロル(斑尾ジャズフェスティバル舞台)で、それなりの規模と参加人数で開催しました。

2016JRTMS-1.jpg

全国で初めての我がRCタンククラブは、第1回目の参加者が11名から始まり、5年後には30名超の最盛期を迎へ、以降RC模型メーカー主催により全国で同じようなタンクイベントが開催される様になってから、少しずつ参加者を減らしながらも、今日まで毎年2回のタンクミィーティングを斑尾で開催しながら15年!!、ほぼこのメンバーで頑張って来ました。『えらい!(^^)!』

2016JRTMS-3.jpg

当日は、ジオラマを使いながら午前中がタイムトライアル、午後からは、赤外線バトルのトーナメント戦や全員参加で総当たり戦など、人数が少ない分何度も対戦が出来るので、『超たのしいぃ〜』おじさん達にはこのスピードがピッタリなのであります。(笑)

2016JRTMS-4.jpg

お弁当の時には戦車談議に話が弾み、昼休みにはドローンやRCヘリを飛ばしたり、久々にBB弾シューティング戦なども開催され、男のマロン全開の楽しい1日となりました。!(^^)!

 

 

 

 


第6回山菜採り案内とRC飛行会を同時開催!!

晴天の5月21日〜23日は、第6回目の山菜採り案内と、YRC飛行クラブの斑尾RC飛行会の同時開催となり!!ました。
2016山菜採り第6回-1.jpg
2016年5月21・22・23・15・16.jpg

山菜採りの初日は斑尾高原スキー場でワラビや山葡萄の新芽を採りながら斑尾山を登ります。
途中のスキーリフト乗り場で楽しい昼食を摂り午後から、根曲り竹の子とウドブキなどを採り斑尾山8合目付近まで登り、下山しながら、またワラビ畑を見つけて、ザックと両手の山菜の重さに、斜面をヨロヨロと下りながら21日の山菜採りを終了しました。
21日の初日だけでも、多くの山菜が採れましたので、りんごじゃむに戻り仕分け作業です。
2016第6回山菜採-6.jpg
翌22日はウド畑へ、最大斜度40度の斜面にりんごじゃむのホームページ(3才からの山菜採り)のモデルともなったLI君が5歳になり、バージョンUPしてこの斜面のウド採りに挑戦しました。
2016山菜採第6回-5.jpg
2016山菜採6回-3.jpg
山菜ナイフの使い方も上手くなり、将来山菜採り名人になるかもしれません!(^^)!
このウド堀の後にミズ菜(ミズ)の群生に案内して、皆さんが十分に採れたのを確認してから、ペンションりんごじゃむに戻りまして、お昼を少し過ぎましたが、りんごじゃむRC飛行場のYRC飛行クラブの皆さんに、近所の美味しいハンバーグ屋さんのお弁当を届けに行きました。
2016:5月21・23・22-2.jpg
この後、YRC飛行クラブの皆さんの華麗なフライトを見物です。
山菜採り案内も私の趣味を兼ねているので楽しいですが、21・22・23日の3日間のRC飛行会も楽しいです。!(^^)!

 

全ては、5月14・15日りんごじゃむエアーフィールドRC飛行会の為に

昨日14日は、朝の晴天から夕方には霧が発生したので撤退しましたが11名のRC飛行機&ヘリ愛好家が集い、本日15日は、最高の晴天に恵まれて、7名が斑尾高原の新緑と抜ける様な青空に向けて、思う存分に2016斑尾RC飛行会を楽しみました。
2016年斑尾飛行会-1.jpg
2016斑尾飛行会-3.jpg
滑走路は、全長160m、幅80m、その周りを含めると約16000屐複苅牽苅按據砲旅大な敷地の整備に、私は7日ほど前から滑走路舗装目地の除草剤の散布を2日間!!。
2016斑尾飛行会-4.jpg
2016斑尾飛行会.jpg
その後、周囲の草刈りに2日間掛かりましたが、同じRC飛行機趣味仲間が楽しく飛ばせ様にと頑張りましたので、お天気の様が味方してくれて14日・15日、まずまずの晴天になり、皆さんが斑尾RC飛行会を楽しんで頂くことができました。『めでたし・めでたし!(^^)!』
 

GW最終日は、ペンションりんごじゃむ第4回山菜採り案内です。

晴天のGWの最終日は、今年4回目の山菜採り案内の日となりました。
案内するお客様も、今年2回目のN様ご家族で、この道10年越えの上級者です。
その為、装備も完璧なうえに、自然との対話も優しいご家族です。
私も、今回は、相当サバイバルな場所へ案内が出来ます。
2016第4回目山菜採り-8.jpg
先ずは、山ウドの群生地、最大斜度40度の急斜面へご案内します。
ベテランの方々は、足場の安全対策にお他、来年の事も考えながら採って頂けるので、安心してみていることが出来ます。
2016第4回山菜採り-9.jpg
みんな知ってる内緒の山ウド畑です。 時期的に少し早い様で土が被っているところは何も出ていませんが、1時間ほどでデーバックがイッパイになりました。
この後、ワラビとコシアブラ、タラの芽、有れば根曲り竹の竹の子を採りに斑尾高原スキー場に移動です。
最初に見つけたのは、ワラビですが先に採ってしまうと重いのでスルーして、軽いコシアブラを狙います。
2016第4回山菜採り-7.jpg
画像の様に、美味しそうなコシアブラが採り頃で、今年はあちらこちらに樹勢していて、直ぐにレジ袋が一杯になるほど採れました。!(^^)!
そして、お客様の希望のワラビですが、まだ少し早いので群生も無く、太い物やブラック蕨がありません!、たぶん1〜2週間後が良いと思われますが、そこはスキー場内の山菜の場所を知り尽くしている私は、日当たりの良い場所に案内して、走りのワラビを採っていただきました。
2016第4回山菜採り-6.jpg
この後、トリ足ショウマやタラの芽を採り、最後に約30度の急斜面脇にある根曲り竹の竹ノ子を採って下山しました。
2016第4回山菜採り-4.jpg
やはりプロ並みの方々なので、手際良く行動して道具を巧みに使い熟すために、何と4人でこれだけの山菜を採り、りんごじゃむで夕食用に少し頂き、後は山菜好きなご近所や会社の人へのお土産にお持ち帰りになりました。『めでたし・めでたし』でした。
!(^^)!

 

明日から始まるGWに向けて!(^^)! 受け入れ準備ちゃくちゃくと、遅れる!!

ペンションりんごじゃむ28回目のゴールデンウイークを迎える!(^^)!
3週間前より、コツコツと春の準備を開始しました。
まずは冬の雪囲いを外して窓に春の陽を入れながら、来年に備えて外した雪囲いの板にペンキを塗り、長さを揃えて片づけするのですが、特に晴れの日だけ屋外の仕事をするので、ゆっくり春を向かえて行く感じです。
2016GWに向けて-2.jpg
一通り雪囲いを外した後は、庭の落ち葉です。
特にこの地域に樹勢している厄介物のカラマツの落ち葉を掃き集めて一輪車に乗せて落ち葉の捨て場に捨てます。
2016GWに向けて-4.jpg
750坪の敷地の1/4だけ、落ち葉を掃いて片づけるだけで3日ほど掛かります。(泣く)
2016GWに向けて-5.jpg
先週末の22日からは、RCダートサーキットの操作台の雪囲い用の小屋根の撤去、片づけです。
2016GWに向けて-3.jpg
今週に入ってから、裏庭のRCダートコースの降雪養生用の板も外して、サーキットのコース転圧の準備と片づけです。
2016GWに向けて-6.jpg
28日から雨予報なので、29日から始まるGW前半に向けて、ペンション玄関前のポーチ階段の滑り止めを外して、玄関と出入口前の掃除を完了しました。 しかし今日は大雨でRCコースの整備ができませんでした。『残念!』
2016GWに向けて-7.jpg
ところで、このツナギ!!還暦のお祝いに息子達にプレゼントされた、イタリアのフェラーリ・レッド!!カッコイィ〜でしょ!(^^)!
お尻がデカク見えるアングルですいません。

 


2016年第1回ペンションりんごじゃむオヤジが案内する楽しい山菜採り

4月16日・17日、自称 Mountain vegetables 採り名人の私が案内する「3才から楽しめる山菜採り」を開催しました。
毎年4月〜6月にかけて2回から3回、この山菜採りに来ていただいて、10年のベテランNさんご家族をご案内しました。
最初は、雪解けと共に春の香りを奏でる、フキのトウです。
2016第1回山菜採り-4.jpg
今年は温暖化で雪解けが早いために、この様な大きなフキノトウがペンションの敷地内で沢山採れました。
次に、湯がいて醤油マヨでビールのつまみにすると激旨のコゴミ採りです。
2016山菜採り1回目-1.jpg
ここのコゴミは太くて柔らかいです、名人のみが知っている内緒のコゴミ群生地にご案内!!自然の営みに感謝しながら1時間30分ほどで、レジ袋は一杯になります。
2016第1回山菜採り-3.jpg
山の斜面を上り下りするので、このコゴミをディーバックに入れて両手が自由に使える様になってから、次に場所を移動です。
またまた、名人のみが知っている、珍しい天然の三つ葉の群生地へご案内。!(^^)!
2016第1回山菜採り-5.jpg
天然の三つ葉は、香りが良く、おしたしやお吸い物に入れるととても美味しいです。
2016第1回山菜採り-7.jpg
16日・17日開催予定では有るものの、17日は雨と強風との予報なので、16日の夕方まで案内をしてりんごじゃむへ戻りました。
そして、待望の山菜づくしの夕食が始まりました。
2016第1回山菜採り-6.jpg
山菜4品の天ぷらにコゴミの味噌マヨ、三点盛り、若竹煮、ウドとワラビの酢の物、ウドのキンピラ、これで前菜であります。
この後、副菜の魚料理の後、主催のお肉料理、果物・コーヒーとなり、静かに1日の終わりとなりました。
 
Check

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM